いたいけな私たちが、まったり子ども時代を過ごした“昭和”の時代…。
そこには眩しく懐かしい“モノ”があり、心を熱くさせてくれた“憧れのヒーロー・ヒロインたち”がいました。
あの頃手にした玩具や文具や漫画、アニメ・特撮番組を通じて、良き“昭和の時代”を追体験しよう! テレビのブラウン管の向こう側の“ヒーロー・ヒロインたち”に会っちゃおう!
そんなシンプルな思いつきから「昭和レトロオフ会」&「シークレットカラオケオフ会」は企画され、2016年7月30日に開催されました。
本企画はあくまで試験的なものであるため、普段ツイッターで交流していただいている方々の中から抽選で一定数お声がけをし、ご参加いただきました(お声がけできなかった皆さま、本当にゴメンなさい)。
まずは「レトロオフ会」&「カラオケオフ会」にご参加いただいた(ご有志の)皆さまのレポートをご覧いただき、その雰囲気を味わっていただければ幸いです♪
*ご執筆いただいた皆さまには心よりお礼を申し上げます。また、諸事情から公開が大幅に遅れましたことをお詫び申し上げます。

ご参加を賜りましたゲスト8氏には心よりお礼を申し上げます。
石田信之(『ミラーマン』主演)
きくち英一(『帰ってきたウルトラマン』スーツアクター、『電人ザボーガー』助演)
倉知成満(『バトルフィーバーJ』主演)
佐藤宏之(『忍者キャプター』主演)
すぎうらよしひろ(『マッハバロン』OP・ED主題歌、『ガンバの冒険』ED主題歌 歌手)
筒井 巧(『世界忍者戦ジライヤ』主演)
伴 大介(『人造人間キカイダー』『イナズマン』『忍者キャプター』主演)
山添三千代(『少年探偵団 BD7』主演)
〔以上、順不同・敬称略〕


2017年2月1日 バロン座談会実行委員会 運営スタッフ一同
先日のオフ会では大変お世話になりました。“オフ会”という名のものには、ほぼ初心者な私。しかも、まさかこんなに豪華なゲストが来るシークレットなものは初めてで、本当に驚きと感動で一杯でした!
憧れの聖地“
喫茶宝石箱”さん。「ああ! そう! この看板!!」という興奮も冷めやらず、どきどきしながら扉を開けると(気分はナルニアです!)、パッとお花が咲いた様な輝く笑顔の素敵な女性が「G七さん?」と迎えて下さいました。
もうそこですっかり嬉しくなって舞い上がってしまった私は、新参者な事も集まった皆さんの中でも最も知識も経験も持たないクセして、大変リラックスして、参加することができました♪
参加者の皆さんも「只者ではない !!」とビックリする程の方々で、聞いた事もない様な貴重なお話や、それぞれお持ちになった希少なお宝を手に取って見せて頂きました。右も左も分からない様な私に親切に声を掛けて下さったり、とても有難かったです。
それから子どもの頃にどれだけ憧れたかわからない、あの『ピンポンパン』の「おもちゃへ行こう」さながらの豪華ビンゴ大会! 「お前いくつだよ!」と思われる程に、ワーワーキャーキャーと大騒ぎしてしまいました。本当に迷ってしまうくらい素敵な賞品ばかりで、選ぶのがとても楽しかったです。
宝石箱さんでは恋い焦がれていたクリームソーダも頂けたし…♪
そして、いよいよシークレットカラオケ大会では、とんだ場違いな選曲をしてしまいましたが、皆さんが温かく受け入れて下さり、その事も有難かったです。スミマセンでした〜!
お席にはあのジライヤとバトルフランスのお二方が、一緒のテーブルに着いて下さるという夢のような事態。また、このお二方が本当に素敵で、見目麗しいのは勿論、何度も面白い事を仰っては私たちを「明日、絶対筋肉痛だよ…」と思うくらい笑わせてくださいました。
お店の雰囲気も素敵でしたし、お料理も美味しく、ジェントルマンなヒーローのお二方は、ずっと色々と気遣って下さり、「有名なゲストの方なのに〜〜!」と思いつつ、思いきり愉しませて頂いてしまいました。
すぎうらよしひろさんの素敵なギターと歌声の『マッハバロン』、シートベルトの歌、ビートルズ…。子どもの頃、ずっと観ていた大好きなアニメの『ガンバの冒険』のエンディングテーマ…あの頃夢中で聴いていた歌を目の前で聴けるなんて…。何十年もの懐かしさとその幸運さに涙がこみあげてきてしまいました。
着物姿の凛とした
山添三千代さん、ダンディで流石のステージングだった伴大介さん、着流しが素敵で何よりその仕草やお話がとても粋なきくち英一さんにはハグまでして頂き、感激でした! 倉知成満さんのサービス精神たっぷりでスタイリッシュな歌や佇まいも目が離せませんでしたし、本当に満喫させて頂きました。
なのに、さらにこれでもか〜? というくらいの山盛りのお土産! これには本当にビックリでした。「はひ?! こんなに!?」という程、両手に一杯…こんなに用意するの、大変だったでしょうに…。しかも、スタッフの方々はその日ずっと奔走されっ放しで…「盆と正月とクリスマスに誕生日一緒くたにきちゃった!?」という程のそのおもてなしには「知恵熱が出てしまうんじゃないかしらん?!」と思う程でした。
「全員に当たるプレゼント攻撃」でもあまりに貴重なものばかりで倒れそうな程だったと言うのに…。たぶん、この先、もうこんな豪華な1日ってないと思います(笑)。ホントに!
主催者さん、スタッフの皆さん、豪華ゲストの皆さん、参加者の皆さん…みんな、みんな素敵で嬉しかったぁ♪ 100%ストレスフリーな1日でした。長々と大変失礼いたしましたm(_ _)m
本当に楽しかったです。どうもありがとうございました。もし…もしもまた機会がありましたなら…私、一万二千円は出すよ!! と正直思いましたので、ご遠慮なくお申し付け下さいませ(笑)。いやぁ、参加者にはお得過ぎる会でございました。
『キャプター』の映像が流れる中、伴大介さんの「現在、土忍と花忍の所在がわからない」という証言があり、1980年代末期に実施された『忍者キャプター同窓会』の際には、宇津海仙氏はお見えになっていただけに、30年という歳月は人の行方を判らなくさせるのに十分過ぎる時間なんだなぁ…と、痛感しました。その時には、火忍、水忍、土忍、雷忍、おまわりさん役の小島三児さんが出演していただけに、その時、風忍役の佐藤宏之さんがいらしてればなぁ…と、当時のイベントに思いを馳せました。
今回サプライズ的に嬉しかったのは、すぎうらよしひろさんのミニライブで、『行け! 牛若小太郎』の主題歌をアコースティックで聴けたことです。もちろん『マッハバロン』と『ガンバの冒険』も良かったのですが、個人的に15年ほど前にCSで観て以来、とても気に入っていた『小太郎』で、偶然にもイベントの2〜3日前にCDを引っ張り出して、その歌を聴いていただけに、まさか生歌で聴けるなんて思っていなかっただけに、本当に感動モノでした(不勉強で誠に申し訳ないのですが、当日歌われるまで『小太郎』の主題歌がすぎうらさんの歌唱ということを失念していただけに、よりサプライズ感が高まったのです!!)。閉会時に、感動した思いをご本人に伝えられたことまで含めて、今回一番の印象深いシーンになりました。
すぎうらさんの多ジャンルに亘る歌唱を聴く中、あれほど完成度の高い歌でもレコード化(CD化)されてない曲があるというお話には、正直驚きました。また、次の機会にも表にあまり出ていない曲が聴ければなぁ…と思っております。
プレゼント抽選会は、今回も主催者の苦労と奔走ぶりが伝わるありがたいものばかりで、来場者全員に2個以上当たるという点まで含めた至れり尽くせり感が、ありがたいものでした。個人的には、ミラーマンのお面をじゃんけん大会で最後の2人まで残りながらも負けてしまったのに、風忍の佐藤さんが譲ってくださったのには感謝の念に堪えませんでした。ホント、良い人ばかりの集まりだなぁ…とあらためて思いました。
参加者によるカラオケ大会はてっきり全員必須のものと思っていたために、厚かましくも皆様の前で拙い歌を披露する形になりましたが、正直気持ちは良かったです。だから、次回以降は皆さん積極的に参加した方が、絶対もっと楽しめますと、強くお勧めします!! しかもありがたいことに、きくち英一さんからハグされた上に賞品まで貰えて超ラッキーでした。
その後、出演者の方々縁の作品の歌までカラオケで聴けるというね!! ホント、これ録画映像があったら、ぜひとも一般公開して欲しいものです。絶対ニーズありますよ!!
今回のイベントで、個人的な収穫としては、憧れのマジョさんとの2SHOTが撮れたこと、筒井巧さんに『ウルトラマンコスモス』出演時のフクロウ男爵役の方と再会した時の話を伺えたこと、帰宅時に出口にいらっしゃった石田信之さんと握手できたこと(石田氏はイベント前日に『ウルトラマンフェスティバル』に出演されたことを知り、うらやましく思っていただけに、あっさり今回のイベントでお会いでき、本当にありがたく思いました)。
この日は、シークレット・イベントの前に、大好きなセクシー女優さんの写真集発売の握手会、そしてイベント後には応援している女優さんの舞台の観劇と、イベント三昧で自分にとって夏フェスのような1日で、とても充実しました。ツイッターで毒舌やくだらないことばかり呟いている、自分の何を見出してお声掛けいただいたのか不思議で仕方ありませんが、またよろしければイベントに誘ってください。今回は、ほんとうにありがとうございました!!
レポート2レポート3レポート4このページのトップへINDEX