10月7日は記念すべき『スーパーロボット マッハバロン』放送開始40周年の日。弊サイトでは嵐田陽役を好演された下塚誠さんにアプローチ。知られざるエピソードとファンの皆さんへのメッセージを頂戴することが出来ました。
早いもので、あれからもう40年の歳月が流れましたが、今でも色々な年代の方々に『マッハバロン』を愛していただいていることを嬉しく思います。また『マッハバロン』ファンの皆さんに、“俳優・下塚誠”を応援していただいていることにお礼を申し上げます。

『マッハバロン』クランクアップから数年後の事だったと思います。『銭形平次』レギュラーで京都の太秦にいた僕を、ある日『水戸黄門』ゲストの力石(考)さん・加藤(寿)さんが訪ねてきてくださって、『マッハバロン』撮影の頃の想い出を語り合った事がありました。
その頃(タンツ陸軍参謀役の)麿のぼるが京都でスタッフをしていたのですが、多分麿が、力石さんと加藤さんのキャスティングに尽力したのだと思います。僕はもちろん、深江(章喜)さんも『水戸黄門』のキャスティングには口出しも何もしていませんからね(笑)。

今月25日には『マッハバロン』の関係者やファンの皆さんとお会いできるので、今からとても楽しみです。これからもソフトなどで『マッハバロン』を楽しんでください!

2014年10月7日
嵐田陽役・下塚誠
昭和49年10月7日(月曜日)付 讀賣新聞(東京本社版)朝刊 より抜粋
次へ前へこのページの先頭へINDEX