(牧れいさん、加藤寿さんご来場)
お久しぶりです! 主催者さんの資料で知ったんだけど、加藤さん、いつ秋田に引っ越したの?
加藤 いや、元々実家が秋田だったから。
それは知っていたけれど、いつ引っ越したの?
加藤 (1980年代の終わりに)「そろそろ芸能界ももういいかな?」と思って。しばらく秋田と東京を行き来する“出稼ぎ俳優”をやっていたんだ。当時、空港も(東北)新幹線もなかったので、寝台特急とか自動車で上京していたんだけど、だんだん疲れてきて、もういいかな〜?って(笑)。
そう。それで今、何していらっしゃるの?
加藤 今、農業。トラクターに乗ってお米を作っている。田舎だからなかなか儲かりません。
そう。加藤さん、たしか車(邦秀)さんと仲が良かったのよね? 今日は何年ぶりに会うの?
加藤 車さん(“若駒”所属。NHK金曜時代劇シリーズの殺陣師、ウルトラシリーズのアクションディレクター。鉄面党ロボット役ほか)とはね、東京へ行く度にだいたい会っていますね。それで一緒に呑んで…。さっきも車さんから電話があったんだけれど、今日は映画のロケで、急に座談会に出られなくなったって。
そうなんだ〜。私ももう歳だから、あんまり外へ出たくない(笑)。
(鈴木清監督、石田信之さんご来場)
石田 お〜! 皆さん、お久しぶり(笑)。
私のこと、憶えてます? 牧れいですけど(笑)。
石田 あ〜、変わらないねえ〜(笑)。(『レッドバロン』で共演してから)もう40年?
加藤 そう。今年で丁度40年なんですってね。
石田 あっという間だねぇ。
鈴木 よぅ(笑)!
加藤 お久しぶりです(笑)。鈴木監督のお顔は、時々スカパーの番組などで拝見していました。
石田 鈴木さん、全然変わってない!
鈴木 いやいやいや(笑)、もうクソジジイになりましたよ。
加藤 “カッコいい”って感じですよね。うん、カッコいい。
鈴木 牧さんは何やっているの?
私は今、一般人で(笑)。監督、私のこと、憶えていらっしゃいますか?
鈴木 勿論だよ。綺麗なままで良かった。
たしか監督の奥様がスクリプター(撮影現場の記録・管理パート)をやっていらして。
鈴木 あのね、バロンシリーズをやっている時に、うちの女房の姉妹がスクリプターだったのよ。
石田 鈴木さんも若いけど、加藤さんも若い。今日、誕生日なの?
加藤 ううん。誕生日はこの間(10月21日)だったんだけど、主催サイトさんがお祝いしてくれるってことで。「もう歳がバレるので、誕生会はやめてくれ」って言ったんだけどね(笑)。
石田 僕も加藤さんと同い年なんで、その辺り何とも言えないけど(笑)。
加藤 石田さん、最近は秋田の方に帰省しないの?
石田 うん。親が他界してからもう10年以上帰っていないですね。
加藤 石田さんの実家と私の家って近いから、近所の人から「石田さん、帰って来たみたいだよ」って聞いたりしてました。
(下塚誠さんご来場)
下塚 こんにちは(笑)。
石田 よお!
鈴木 久しぶりだね。
下塚 その節は大変お世話になりました。
鈴木 何か、すっかり見違えて…(笑)。
下塚さんと私、何かの番組で共演しましたよね。『マッハバロン』じゃないけど。
下塚 はい、たしか何か一緒に演ってますね。
鈴木 それにしてもね、「昔の想い出話をしろ」と言われても、思い出せるかねえ(苦笑)。
私、依頼されたからには思い出して話しますよ(笑)!
鈴木 何も憶えていないからね。司会の人はボケ老人を相手にしていると思って進めてください。
下塚 加藤さんは今日、『レッドバロン』のロケ地に行ってきたんですって?
加藤 うん、そうなんだけど、電車のトラブルで時間がなくなって1カ所(大郷自動車修理工場)しか回れなかったんです。
(ゲスト諸氏、席に回ってきた“記念サイン用色紙”にペンを走らせながら)
加藤 私は親の遺言で「お前は人前で字を書くな!」って言われた程、字が下手で(笑)。れいちゃんのサインは、それで“牧”って読むの?
そう。私のサインは平仮名で“まき”って書くんです。
鈴木 牧さんのそのサインは(『レッドバロン』)当時のサインなの?
はい(笑)。
鈴木 へえ〜。
加藤 自分の字、読めない。あ、サインだから読めなくてもいいのか(笑)。
鈴木 下塚君、そんなにちっちゃくサインを書かないでよ。僕が大きく書かなきゃなんないから(笑)
下塚 はい(笑)!
石田 僕の字、小学生の字みたいになっちゃった。
鈴木 座談会の案内に“加藤氏のお誕生日祝い”って書いてあるけど、加藤君、今年いくつになったの?
加藤 言えません、恥ずかしくて…。(牧)れいちゃんのひとつ下くらいかな(笑)? だから今年53歳。なんちゃって(笑)。
私、加藤さんよりひとつ歳上なんですよ。今こうして見慣れてくると「加藤さん本人なんだな」って判るけど、最初会場入口で見かけた時「どこの監督だったかな〜?」って間違えちゃった。だって加藤さん、監督っぽいんだもん(笑)!
加藤 あ、そう(笑)?
(スクリーンの『レッドバロン』映像に目を移しながら)
岡田(洋介)さんがお亡くなりになったみたいだけど、本当かしら? Wikipediaで見たんだけど。
加藤 何かそうらしいね。岡田さんが亡くなったって噂は1〜2年前にもあったけど、でも本当かどうかは判らないからね。
今日、岡田さんと会いたかったわよね…。
加藤 そうだよね。彼、ずっと元気でいるものだと思っていた。だって彼、割と健康的なタイプだったから。もし本当に亡くなったとしたら、今の時代では早過ぎるよね。
ところで、れいちゃんは、普段身体を鍛えるために何かやっているの? エクササイズとか?
やってますねー、ボクササイズとか。だから今でもアクションできますよ。だって身体を動かしていないと、やっぱり関節がダメになってきちゃうから。
加藤 そうなんだ。私はトライアスロン。走ったり、泳いだり、自転車乗ったり。あと、トレッキング。野山を歩き、滝に登ったりと、ちょっとアドベンチャー風が好きだね。
私はトライアスロンはできないなぁ。走ったりはするけど、水泳はそんなに長距離は泳がない。
加藤 ある時気づいたんだけど、「走るのは歩くみたいに走ればいいや」「長く泳ぐには沈まない程度に泳げばいいのかな」って。ゆっくり泳ぐことを覚えた。
鈴木 お話し中悪いけど、大下(哲矢)さんって、今、何やっているか知ってる?
加藤 主催サイトさんの調査によると、今、海外にいらっしゃるみたいですね。
まさか、海外の別荘に住んでいるとかじゃないですよね(笑)?
加藤 そこまでは知らない(笑)。
石田 (“自転車刑事”こと熊野一平役の)玉川伊佐男さんは亡くなってしまわれたみたいですね(Wikipediaに「2004年1月1日没。享年82歳」との記述あり)。『水戸黄門』の放送一千回記念パーティーの時、お会いしたんだけど、ものが言えないくらいにお歳を召されていて驚きました。
皆さん、どんどんお歳を召されていきますね…。
鈴木 でも牧さんは、昔も今も綺麗だよ。昔のスチール見ると、キックで凄く脚が上がっているけど、今も上がる?
さすがに昔ほどは上がらないですね(笑)。でも回し蹴りくらいならできますよ。
下塚 それはスゴいですね!
今、ジムに通っていますからね。(『マッハバロン』で共演された)加藤さんと下塚さんは交流あるんですか?
下塚 ええ。10年位前に僕の店(町田市内の洋風居酒屋“レモンタイム”)で“『マッハバロン』ファンの集い”をやったんですよ。加藤さんとはそれ以来かな?
加藤 8〜9年前に主催サイトさんが企画してくださってね。石田さんも下塚さんの店で(下塚氏と)最近会ったんですよね?
石田 そうそう。楽しかったね〜。下塚君とは久しぶりだったし。下塚君は『マッハバロン』の役者さんの誰かと今も付き合いがあるの?
下塚 『マッハバロン』でタンツ(陸軍参謀役)を演っていた麿のぼると付き合いがあったんだけど、彼も亡くなってしまいました(麿氏は1976年公開の東宝映画「大空のサムライ」でも下塚氏と共演 )。
加藤 うん。(麿氏の訃報は)私も誰かから聞きました。
下塚 僕、彼の葬儀に出席したんですが、彼は享年56歳だったかな?
加藤 早過ぎる…。残念だね。皆さんには、体に気をつけていつまでも元気でいていただきたいですね。
次へ前へこのページの先頭へINDEX